IT・情報セキュリティ

「Identity Based Security」をコンセプトに、安心・安全なセキュリティ環境を日英バイリンガルコンサルタントがご提供いたします。

現在、ITシステムの利用者を取り巻く環境が多種多様になってきており、PC以外のモバイル端末(スマートフォンなど)の利用が増加傾向にあります。また、クラウドサービスの利用検討が重要なテーマになっています。中でもセキュリティの課題は、重要テーマとして取り組まざるを得ない状況です。
JBSではこれらの課題に対応すべく、「Identity Based Security」をコンセプトに、セキュリティソリューションの要件定義・設計・構築・運用すべてを一貫してご提供します。
*「Identity Based Security」=利用者IDの属性情報を利用して各種アクセス制御を行うセキュリティ方式

統合ID管理や認証基盤は「Identity Based Security」を実現する上で基盤となるソリューションです。
統合ID管理アセスメントサービスからご提供します。
・統合ID管理アセスメントサービス
・統合ID管理基盤構築
・認証基盤構築(Active Directory、LDAP Directory)
・IDフェデレーションシステム構築
・生体認証・二要素認証システム構築

エンドポイントのセキュリティ確保はセキュリティの必須事項です。
資産管理、外部メディア接続制御、暗号化、検疫システムなどをIDベースのポリシーでご提供します。
・エンドポイントセキュリティシステム構築
・検疫ネットワーク、不正PC接続防止システム構築

システム管理者の不正はシステムに大きな影響を及ぼします。
特権IDの管理およびその操作ログ収集システムをご提供します。
・特権ID管理、操作ログ収集システム構築
・統合ログ管理システム構築

ファイルコンテンツの保護は、ファイルサーバーのアクセス権だけでは守れません。
DLPシステムやIRMシステムをIDベースのポリシーでご提供します。
・DLP(Data Loss Prevention)システム構築
・IRM(Information Rights Management)システム構築

仮想環境におけるFirewallは、通常のIPアドレスやポート制御だけでは限界があります。
IDベースやサービスベースのポリシー策定が可能なシステムをご提供します。
・仮想環境 Firewallシステム構築

データベースはデータの器として重要なコンポーネントです。
データベース監査をIDベースで判断可能なシステムをご提供します。
・データベース監査ログ収集システム構築

Firewallだけでは防御できない不正アクセスに対応する必要があります。
IPS、WAF システムをIDベースのポリシーでご提供します。
・IPS(Intrusion Prevention System)システム構築
・WAF(Web Application Firewall)システム構築

セキュリティへの対応はまずはチェックから。
脆弱性検査やセキュリティアセスメントサービスをご提供します。
・脆弱性検査(ペネトレーションテスト)サービス
・セキュリティアセスメントサービス

サービスカテゴリ
open all | close all
事業地域

company_map

×